スタッフ

  • [監督・脚本]熊澤尚人

    1967年4月6日生まれ。愛知県出身。2005年、自身のオリジナル脚本で監督し、女優・蒼井優の単独初主演作品となった『ニライカナイからの手紙』で長編映画デビュー。青春時代の機微をエンターテイメントに描くその手腕に定評があり、近年では『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)などのラブストーリー作品で大ヒットを果たす。本作では、近年の作品とは一線を画すセンセーショナルな題材で脚本から務める。主な監督作に『親指さがし』(06)、『虹の女神 Rainbow Song』(06)、『DIVE!!』(08)、『おと・な・り』(09)、『君に届け』(10)、『ジンクス!!!』(13)、『近キョリ恋愛』(14)などがある。また、中島健人主演『心が叫びたがってるんだ。』が公開中。

    COMMENT

    今回の主人公は、本当に大変難しい役どころではありますが、吉高さんの繊細かつ大胆な演技力のおかげで、今までにない、美しくも悲しい殺人者を表現できたと確信しております。
    また、昭和と現代、二つの時代を通して、主人公であるひとりの女性に、心を揺り動かされ、人生を翻弄されるふたりの男性を松山くんと松坂くんに演じてもらいます。かねてから絶大な信頼を寄せる松山くんは、私の想像を超える柔軟性で、この難役に挑んでくれました。
    松坂くんとは初めてですが、香りたつ芝居の出来る、今、最も一緒に仕事をしたい俳優さんだったので、今から撮影が楽しみです。
    是非ご期待下さい!
  • [原作]沼田まほかる

    2005年『九月が永遠に続けば』で、第5回ホラーサスペンス大賞を受賞し、当時56歳という遅咲きデビューを果たす。以降に発表の作品も高い評価を受ける。2011年『ユリゴコロ』が刊行されるや、既刊作品も大きく売り上げを伸ばし、 “出版業界の事件”ともいうべき空前の“まほかるブーム”を巻き起こし、その名前が広く知れ渡ることとなる。原作となる『ユリゴコロ』が著書初の映画化作品である。

    COMMENT

    私自身も、とうとう作品を見せてもらい、脚本から想像していた以上のでき
    あがりにとてもとてもうれしかったです。監督さん、俳優の方々、制作にか
    かわった皆さんの思い入れの強さが伝わってくるようでした。
    若いときとちがってこの頃は流血シーンのある映画は観られなくなってし
    まったので、少し緊張しましたが、この映画はきっと映像の美しさが勝って
    いるせいでしょう、そんなことは忘れて没頭することができました。
    自分が書いたものがきっかけになって、これだけの映像群が創り上げられた
    ことが夢みたいです。

    主人公・美紗子に、吉高由里子という生身の肉体が宿り、魂が吹き込まれま
    した。そのかけがえのない奇跡的な出会いに、原作者としてこれ以上の悦び
    はありません。吸い込まれそうな危うさと凄みを湛えたそのまなざしに囚わ
    れ、私は 2 時間 8 分身じろぎもできませんでした。
    吉高由里子という女優と出会った美紗子は、小説の主人公として最も幸せな
    女性かもしれません。
    そんな主人公の姿を目の当たりにできるこの作品を、ひとりでも多くの人に
    観てほしいと思います。

■『ユリゴコロ』受賞・ノミネート実績

  1. 2012年 第14回大藪春彦賞 受賞
    2012年 本屋大賞 ノミネート
    2012年 このミステリーがすごい!国内部門 第5位
  2. 2011年 週刊文春ミステリーベスト10国内部門 第6位
    2012年 ミステリが読みたい! 第9位
  • [主題歌]Rihwa『ミチシルベ』(TOY'S FACTORY)

    北海道・札幌出身のシンガーソングライター。高校生活を過ごした留学先のカナダで、街中に流れていたカントリー・ミュージックに影響を受け、音楽に目覚める。帰国後、道内を中心にライブ活動を開始。
    2012年7月シングル「CHANGE」でメジャーデビュー。映画・ドラマ挿入歌への抜擢やグラミーアーティスト、ミシェル・ブランチとのコラボが話題になり、2014年フジテレビ系ドラマ主題歌として書き下ろした「春風」がiTunes5週連続1位、各年間総合チャート上位を獲得。本年7月、デビュー5周年を迎えると共に記念アルバム「Rihwa The Singles」をリリース。一度聴いたら忘れられない透明感のある伸びやかな歌声と、太陽のような笑顔が魅力。
    オフィシャルサイト http://www.rihwa.net

  • [撮影]今村圭佑

    日本大学芸術学部卒。大学在学中より自主映画を独学で撮影、卒業後はKIYO氏に師事し、24歳で撮影技師としてデビュー。またGoogle、Canon、Microsoft、JR、Soft Bankなど多数の企業のCM撮影を務める。主な映画作品として、『幻肢』(14/藤井道人監督)、『ホテルコパン』(16/門馬直人監督)、『星ガ丘ワンダーランド』(16/柳沢翔監督)、『帝一の國』(17/永井聡監督)がある。
  • [照明]織田誠

    日本映画学校卒。2000年よりフリーランスの照明助手として活動。2006年に独立後CM、PVなどの作品に携わる。主な作品に、『幻肢』(14/藤井道人監督)、『ホテルコパン』(16/門馬直人監督)、『星ガ丘ワンダーランド』(16/柳沢翔監督)、『帝一の國』(17/永井聡監督)など。
  • [録音]田中博信

    本田孜氏に師事し、主な作品は『腐女子彼女。』(09/兼重淳監督)、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(12/飯塚健監督)、『大人ドロップ』(14/飯塚健監督)、『リトル・フォレスト 夏・秋/冬・春』(14・15/森淳一監督)、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇/後篇』(15/樋口真嗣監督)、『森山中教習所』(16/豊島圭介監督)、『笑う招き猫』(17/飯塚健監督)など。テレビ・映画・CMなどを広く手掛ける。
  • [音響効果]柴崎憲治

    映画を中心に、テレビドラマのサウンドエフェクト等を手がける。『Shall we ダンス?』(96/周防正行監督)、『バトル・ロワイヤル』(00/深作欣二監督)、『ALWAYS 三丁目の夕日』(05/山崎貴監督)、『LIMIT OF LOVE 海猿』(06/羽住英一郎監督)、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇/後篇』(15/樋口真嗣監督)、『散歩する侵略者』(17年9月9日公開/黒沢清監督)、『アウトレイジ 最終章』(17年10月7日公開/北野武監督)など、大作映画から単館系作品に至るまで、膨大な数の作品を手がけている。
  • [音楽]安川午朗

    1989年頃、石井隆監督と出会い映画音楽の仕事に携わる。石井監督全作品他、『OUT』(02/平山秀幸監督)、『ヘヴンズストーリー』(10/瀬々敬久監督)、『八日目の蟬』(11/成島出監督)、『凶悪』(13/白石和彌監督)、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(15/成島出監督)、『殿、利息でござる!』(16/中村義洋監督)、『団地』(16/阪本順治監督)など。熊澤監督とは『親指さがし』(06)、『おと・な・り』(09)、『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)などに携わって今作に至る。
  • [衣装]宮本まさ江

    1985年第一衣裳入社。独立後、映画、CM、テレビドラマ、舞台の衣装を多数手掛ける。1988年株式会社ワード・ローブ設立。主な映画作品として、『夢二』(91/鈴木清順監督)、『顔』(00/阪本順治監督)、『GO』(01/行定勲監督)、『ハッシュ!』(02/橋口亮輔監督)、『阿修羅のごとく』(03/森田芳光監督)、『北の零年』(05/行定勲監督)、『人間失格』(10/荒戸源次郎監督)、『百円の恋』(14/武正晴監督)、『関ケ原』(17/原田眞人監督)、『BLEACH』(18年夏公開予定/佐藤信介監督)など。